セルライトができる原因

スポンサーリンク

セルライトができる原因

セルライトは脂肪細胞に老廃物や余分な水分がたまることで作られます。

この老廃物や余分な水分はリンパの流れが滞ることで蓄積していきます。

やせていても、運動不足でリンパの流れが滞り、偏食によって細胞の状態が悪くなっている人は注意が必要です。


冷え

体が冷えると、血液が抹消まで循環せず、脂肪の代謝にも悪影響を与えるため、セルライトを増大、させます。

また、できたセルライトは血管を圧迫し、さらに冷えるという悪循環に。

むくみ

細胞と細胞、組織と組織の間に不要な水分が溜まると、血管やリンパが圧迫されて、セルライトが発生しやすい状態に。
冷え性の人はむくんでいる可能性が高いので要注意


血行不良

男性に比べて、筋肉の少ない女性は、下半身に流れた血液やリンパ液を重力に抗って上に戻す力が弱いため、下半身の血行が悪くなり、セルライトができやすい。

運動不足

運動不足で筋肉が落ちると、リンパの流れが低下し、セルライトができやすい体質に

ホルモンバランスの乱れ
生理前は水分や脂肪をためこみやすく、セルライトができやすい傾向が。