なぜ太ってしまうのか?太る原因とは

スポンサーリンク

なぜ太ってしまうのか?太る原因とは

太る原因は一般的には摂取カロリーが消費カロリーをす上回るためです。

消費されず余ったエネルギーは、脂肪として蓄積されていきます。


太る原因①
食べ過ぎ、運動不足


中年期以降で、運動をする週間がない人では、若い頃と同じ量の食事を摂っていると、太りやすくなります。

それは年齢により基礎代謝が低下するためです。

この基礎代謝量のピークは10代と早く、それ以降は徐々に低下していきます。

そのため、最近太りやすくなったと感じたら、食事の量を減らすか、運動を心がけるようにしましょう。


太る原因②
不規則な生活、寝不足


残業などで不規則な生活を送っている人は、食事の時間も不規則になり、外食も多くなるなど太りやすくなります。

また、睡眠不足や寝る時間が不規則になると、レプチンというホルモンの分泌が減り太りやすくなります

レプチンには食欲を抑制する働きがあります。

このレプチンの分泌が減少すると、お腹がすきやすくなり、ついつい食べ過ぎてしまい、肥満につながりやすくなってしまうのです。